厄除けの歴史について

厄除け.com 厄除けグッズ通販、厄除け情報サイト あなたの人生に幸せを呼び込みます。 商品一覧 厄除けの仕方 厄除けについて home お買い物ガイド 支払い・送料 厄除け.com ログイン 新規会員登録 カートの中身を見る
身に付ける厄除け場所に飾る厄除け物に付ける厄除け持ち歩く厄除け
厄除けについて
厄除けについて 厄除けの歴史

厄除けは、中国から伝わった陰陽道の教えで平安時代に貴族などにより始まりました。
江戸時代には「和漢三才図会」に、「いまは俗に男25、42、61、女19、33、37、男は42をもって女は33をもって大厄となす。其のよってくる所を知らず、男42の前年を前厄、翌年を挑厄(はねやく)といい、前後3年を忌む」と記されています。
現代では、人生の節目におこなう祭りの「人生儀礼」であり、子供の健やかな成長を祈るお宮参りや七五三、成人式、厄除けなど、神さまと出会う家庭のお祝い行事です。

厄年の年齢は数え年で(満年齢に1を加えた年齢が数え年)
1歳・4歳・7歳・10歳(男)・13歳・16歳・19歳(女の大厄)・22歳・25歳(男の大厄)・28歳・33歳(女の大厄)・37歳(女の厄)・40歳・42歳(男の大厄)・46歳・49歳・52歳・55歳・58歳・61歳(男女の大厄)・67歳・69歳・77歳・85歳・91歳
厄年には神社やお寺で厄除け厄払いの祈願をしたり、厄除けお守りを贈り物として頂き身に付けたり、厄年祝いの酒盛りや大振舞して散財したり、神事の奉仕や祭りの神輿をかついだりすると良いといわれます。

ページのTOPへ メールはこちら
お問い合わせ TEL:097-543-3108 FAX:097-543-3001
個人情報の取り扱い サイトマップ お問い合わせ 支払い・送料 特定商取引法に基づく表記 home
〒870-0834 大分県大分市上野丘西2-28 TEL 097-543-3108 FAX 097-543-3001